握力の平均値(年齢別)

握力の平均値(年齢別)

握力の年齢別の平均値です。

これは2018年10月に文部科学省から公表されたもので、2017年に測定されたデータとなります。

握力の平均

握力の平均値

平均値だけグラフにすると

握力平均のグラフ

握力平均のグラフ

2018年版とは言え、ほとんど毎年同じような値になっているので、この表を目安にしてもらえれば良いと思います。

男性は30代、女性も30~40代でピークとなっています。

全体的には20歳から横ばいで推移して50歳頃から徐々に衰えていくという感じです。

身体能力は20代がピークと言われますが、握力に関しては意外と保たれているという印象です。

表の補足をします。

表にある標本数というのは検査した人数の事です。

また、標準偏差というのは測定値のバラつきの事です。標準偏差が大きいほどバラつきが大きいという意味です。

例えば20~24歳の男性で考えると、平均値は46.38、標準偏差は7.49となっています。

正規分布の考えでいくと、46.38±7.49 の中に68%の人がいる事になります。

こんなイメージです。

平均値と標準偏差の意味

平均値と標準偏差の意味

46.38+7.49=53.87kg 以上だった場合は、この年代の上位15.0%に入ります。

さらに言うと、標準偏差の2倍(46.38+14.98=61.36kg)以上だった場合、上位2.5%以上となります。
標準偏差の3倍(46.38+22.47=68.85)以上だった場合、上位0.15%以上となります。1万人いたら上位の15人くらいに入っているという事になります。

ただしこれは一般の方を対象にした統計上の話なので、格闘家のようなメチャメチャ鍛えている人たちには当てはまらないと思いますので参考までに

あとこんな記事も作りました。良かったら見て下さい

参考:握力が強いと全身の筋力も強い(中高年以降の話)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本の北の方に住んでいる30代男性です。 趣味:身体を動かす事。 仕事:医療系。 属性:社畜。 嫌な事でも笑顔で「YES」と答える事で様々な難局を切り抜けてきた経歴を持つ。壁と同化して存在感を消す事で飲み会を一次会で切り上げる特殊技能「ステルス」を備えている。 そんな私は仕事上、身体に関わる事を日々勉強しています。 これまで学んできた事や自身の経験から、出来るだけ役立つ情報を発信すべく立ち上げたブログです。 趣味であり、仕事でもある運動をメインテーマに扱っていきます。 皆様の身体や運動に関する疑問を解決する糸口になれば幸いです。