握力が強いと全身の筋力も強い(中高年以降の話)

握力が強いと全身の筋力も強い

握力は全身の筋力と正の相関があります。

つまり握力が強いほど全身の筋力も高い傾向があるという事です。

ただし、私がこれまで見てきた文献や報告は、主に中高年以降の統計の話なので、10代~20代には当てはまらないかもしれません。

握力と全身の筋力

2004年のある報告によると、高齢者(80歳前後)で握力が弱い群(10kg程)と強い群(23kg程)、中間の群(17kg程)に分けたところ、1日の歩行量に大きな差がある事が分かったそうな

握力(平均) 1日の歩行量(平均)
10kg程 2835歩
17kg程 3599歩
23kg程 6479歩

この手の報告は結構見かけます。

握力と活動量はかなり関係しているという事が分かっています。

また、活動量が多い人は体脂肪率が低い(全身の筋力が高い)事も示されています。

なので、加齢による全身の筋力低下を簡易的に測るために握力測定がよく使われます。市でやってる健康チェックとか高齢者の体力測定とかでは必須と言って良いくらいです。

また、信頼性の高さからサルコペニア(筋力減少)の診断基準にも使われています。

関連:握力で使う筋肉


握力はなぜ弱くなる

上記のような報告から、握力が弱くなるのは

特別に鍛えている人でない限り日常的に手(指や手首や前腕など)をどれだけ使っているかだと言えます。字を書くとか手で荷物を持つとか庭仕事とか家事全般など。

活動量が多いという事は、手の筋肉を使う機会が多いという事ではないでしょうか。

握力と健康の関係

2015年のカナダの大学の追跡調査によると、35~70歳の男女約14万人の握力を4年間にわたり測定したそうな。

結果として握力が5kg低下するごとに死亡率が16%上がったとの事。何らかの心疾患のリスクが17%、心筋梗塞リスクが7%、脳卒中リスクが9%上がったと。

確か日本の追跡調査でも同じような結果になっていたと思う。

ただ、何で握力が死亡率と関係するのかは分かっていないというのが現状です。

私が思うに握力を鍛えているから寿命が延びたというより、全身的な活動量が多いから握力も高くなり、全身的な活動量が多いから病気のリスクも下がってるんではないかと思います。

確かに握力を鍛える事で手への血流は良くなるのは間違いないけど、健康を考えるなら握力のみに特化するより全身的な活動量を維持する方が良いかと。

関連:握力の平均値(年齢別)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本の北の方に住んでいる30代男性です。 趣味:身体を動かす事。 仕事:医療系。 属性:社畜。 嫌な事でも笑顔で「YES」と答える事で様々な難局を切り抜けてきた経歴を持つ。壁と同化して存在感を消す事で飲み会を一次会で切り上げる特殊技能「ステルス」を備えている。 そんな私は仕事上、身体に関わる事を日々勉強しています。 これまで学んできた事や自身の経験から、出来るだけ役立つ情報を発信すべく立ち上げたブログです。 趣味であり、仕事でもある運動をメインテーマに扱っていきます。 皆様の身体や運動に関する疑問を解決する糸口になれば幸いです。