徒歩1kmの時間や歩数、消費カロリー(体重別)の目安

徒歩1kmの速さや消費カロリー

 

成人が徒歩1kmに掛かる時間や歩数、消費カロリーの目安を記します。

 

徒歩1kmに掛かる時間

まとめると、12分30秒~15分になるという話です。

 

まず、不動産の物件に関わる法律で、徒歩1分=80mという表示が定められています。ちなみに車は400mです。

じゃあ1kmに掛かる時間はというと、60秒÷80×1000=750秒=12分30秒

となります。これは昭和38年に定められたもので、健康な女性がヒールで歩いた時の速度を採用したそうです。

じゃあスニーカー履いた男性ならもっと早く歩けるだろうがと思いますが、個人差はあるものの普通に歩いたら12分くらいは掛かります。ヒールで分速80mってかなり速いです。通勤時のちょっと急いでるくらいの速度です。

 

ただ、ボヤーっと普通に歩くと分速67mです。これは厚労省が発表しているメッツ表の普通歩行の速度を参考にしました。

これでいくと1kmに掛かる時間は60秒÷67×1000≒895秒≒15分

となるので、成人では大体12分30秒~15分になるかと思われます。

 

12分を切ると早歩きになります。

よく堤防などで大きく手を振って早歩きのウォーキングをしている人を見る事があると思いますが、あれは1kmあたり10分~11分程度の速さです。

10分を切ると軽い小走りになります。

 

ちなみに走ると男性が5分~6分/km、女性が6分~7分/kmがおおよその平均となります。

参考:10kmの平均タイムを教えます(ランニング)

 

あと、徒歩とは関係ありませんが、自転車だと普通に漕いで約5分/kmです。

 


徒歩1kmの歩数

歩幅の目安は身長×0.45となります。これは男女共通です。

ゆっくり歩くと×0.4、早歩きだと×0.5として計算します。

普通に歩いた時、

1kmの歩幅、歩数

身長別1kmの歩幅、歩数

となります。

成人が生活習慣病の予防に、日常生活でとるべき歩行量は8000~10000歩程度は必要と言われていますので、

1日だいたい6km~8km歩くのが目安になりそうです。時間にして1時間~1時間30というところでしょうか。

 

徒歩1kmの消費カロリー(体重、速さ別)

消費カロリーについては心拍数や体重、最大酸素摂取量が大きく影響しますので一概には言えません。下記のデータが分かればおよその消費カロリーを求める事ができます。

  • 体重
  • 年齢
  • 徒歩時の心拍数と安静時の心拍数
  • 運動時間
  • 最大酸素摂取量

・・が、パラメータが多くあまりにも個人差がでるため表にするのは断念しました。

 

代わりにMets(運動強度)を用いた体重別、速さ別の1kmの消費カロリーを載せます。

徒歩1kmの消費カロリー(体重別)

徒歩1kmの消費カロリー(体重別)

 

これは、消費カロリー=Mets×体重×運動時間×1.05

というMets(運動強度)を用いた簡易計算により出しています。

ちなみに散歩、買い物(3Mets)、通勤時(3.3Mets)、やや早歩き(3.8Mets)という厚労省の数値を参考にしています。

パッと見ると歩くのが遅い方が消費カロリーが多いじゃないかと思いますが、遅い方が運動時間が長くなるためです。同じ時間歩くなら、当然速い方が消費カロリーは増えます。

ウォーキングの消費カロリーについてちょっと詳しく書いた記事を別に書きましたので、興味があったらこちらも参考にして下さい

関連記事:ウォーキングの効果が出る期間

※以前この記事で、普通の成人は1kmあたり30~40kcalくらいになると記載してましたが、体重によって大幅に異なるために修正いたしました。ご迷惑おかけしました。

以上です。何かの参考になれば幸いです。

関連記事:有酸素運動の時間が取れない人は日常生活の活動量を上げよう

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本の北の方に住んでいる30代男性です。 趣味:身体を動かす事。 仕事:医療系。 属性:社畜。 嫌な事でも笑顔で「YES」と答える事で様々な難局を切り抜けてきた経歴を持つ。壁と同化して存在感を消す事で飲み会を一次会で切り上げる特殊技能「ステルス」を備えている。 そんな私は仕事上、身体に関わる事を日々勉強しています。 これまで学んできた事や自身の経験から、出来るだけ役立つ情報を発信すべく立ち上げたブログです。 趣味であり、仕事でもある運動をメインテーマに扱っていきます。 皆様の身体や運動に関する疑問を解決する糸口になれば幸いです。