10kmマラソンの平均タイムを教えます

10kmマラソンの平均タイムを教えます

 

市民大会で10kmマラソンの平均タイムは女性で60~70分、男性で50~60分程度です。

これは私が今まで参加してきた市民大会の記録から出したものです。大会のレベルによっては多少前後すると思いますが、一般市民ランナーではこの位のタイムが目安になります。

女性のタイムは男性のタイム+10分程度が目安となります。

 

参考:5kmマラソンの平均タイムを教えます

参考:ハーフマラソンのタイムの目安

参考:1km走の平均タイムを調べました(20歳以下を中心に)

 

10km60分以上

市民マラソン大会で、女性ランナーの平均が60分前後となります。1キロあたりのタイムでいうと6~7分/kmになります。

男性ランナーではやや下位の方になります。普段運動していない男性が完走を目的に走った場合はこの位のタイムになります。

運動経験にもよりますが、本番の2~3週前から計2、3回程度練習したらこの位で走れるはずです(男性)。

 


10km55~60分

男性ランナーでいうと平均程度になります。1キロあたり5分30秒~6分になります。ちょっと練習した程度ならここら辺です。1分縮めるだけで、順位は結構違います。

 

10km50分~55分

この辺から難易度が上がってきます。継続して練習をしていないと出せないタイムです。1キロあたり5分~5分30秒となります。

大会にもよりますが、女性ランナーの場合は上位20%には入ります。タイムを意識した練習をしていないとこのスピードではなかなか走れません。

男性ランナーでは2~3カ月、週1~2回走っていたらこの辺りになると思います。市民大会では男性ランナーの半数位が50分から60分の間になります。

当然ながら10km60分の人と50分で走れる人の間には相当な実力差があります。

 

10km45分~50分

1キロあたり4分30秒~5分。結構キツイタイムで、この辺から1分縮めるのはかなり大変になります。

10km50分切りは脱初心者ランナーの一つの目安と言われていますが、数か月の中長期的な練習が必要です。

練習でも、有酸素運動のみではなく、ある程度の負荷をかけたスピードトレーニングが必要です。

女性の場合は上位10%以下になります。男性の場合でも上位20~30%位には入れます。

 

10km40分~45分

1キロあたり4分~4分30秒。市民ランナーには過酷なタイムです。走って苦しむ事が幸せに感じる人でないと出せるタイムではありません。

場合によっては女性なら表彰台を狙えるレベルです。

男性の場合は上位10%に入るでしょう。

ちなみに10km40分というと、週5くらいで真剣に部活動に取り組んでいる高校生(バスケとかサッカーなど)が真面目に走って出せるくらいのタイムです。

 

10km35分~40分

1キロあたり3分半~4分。

準アスリート的な人。市民ランナーなら家庭を犠牲にして練習に取り組んでいるレベル。

この位の人は、もう見た目から違います。①色が黒い、②細い、③グッズが揃っている

など。要は走りそうなオーラが出ています。

女性ランナーなら表彰台が見えています。

男性ランナーでも上位数%に入ります。

 

10km30分~35分

アスリート的な人。1キロあたり3分~3分30秒。

市民大会でも男性ランナーでこのクラスの人がポツポツと何人か出てきますが、色々と捨ててきたんだろうなと推測されます。

 

10km30分以下

人外レベル。1キロ当たり3分切り。100メートルあたり18秒切りです。ほぼ全力に近いスピード。

女性の世界記録が29分台。男性の世界記録は26分台。

一生を捧げても届かないレベル。

 

結論

10kmの市民ランナーの平均は女性で60~70分、男性で50~60分程度です。

 

そして

70分切りはメタボには無理

60分切りは運動不足には無理

50分切りは努力を継続できない人には無理

45分切りは走るのが趣味じゃないと無理

40分切りは家庭を犠牲にしないと無理

35分切りは色々捨てないと無理

30分切りは人間には無理

と考えます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

日本の北の方に住んでいる30代男性です。 趣味:身体を動かす事。 仕事:医療系。 属性:社畜。 嫌な事でも笑顔で「YES」と答える事で様々な難局を切り抜けてきた経歴を持つ。壁と同化して存在感を消す事で飲み会を一次会で切り上げる特殊技能「ステルス」を備えている。 そんな私は仕事上、身体に関わる事を日々勉強しています。 これまで学んできた事や自身の経験から、出来るだけ役立つ情報を発信すべく立ち上げたブログです。 趣味であり、仕事でもある運動をメインテーマに扱っていきます。 皆様の身体や運動に関する疑問を解決する糸口になれば幸いです。